トレンド取らんと

トレンド取らんと

トレンドネタを取り入れるブログです!リンクフリーです!

返済不要!給付型奨学金とは一体?これで進学も安心か?

奨学金。それは学生の重荷・・・。

 

f:id:netajin:20170629162639j:plain

 

冗談はさておき、経済的に進学することが難しい学生を対象にした援助ですね。

勉強はできるが、進学するにはお金が・・・という人たちのために国がお金を貸し、後に社会に出て働けるようになったら、借りたお金を返していく。

素敵な制度のように聞こえますが、社会人0年目にして借金を背負うことと同義になります。

 

奨学金の内容によっては利子有、無利子などがありますが、基本的には大金です。

しかし、その奨学金の中には「給付型」というものがあります。

そう。返す必要のない奨学金なのです。

 

 

そもそも奨学金を借りるには色々条件があります。

簡潔にまとめると

  • 家庭の経済力では進学費用を支払う能力が厳しい
  • 真面目に学業に取り組む意思がみられる(成績含め)

要するに「勉強頑張ってる経済力のない学生」を援助するのが奨学金なのです。

ちなみに上記の条件は利子有、無利子の場合での話になります。

 

「給付型」の奨学金を受けるにはさらに厳しい条件があるでしょう。

それも簡潔にまとめてみました。

 

 

 

 

 

給付型奨学金を受ける条件簡易版

まずは家庭環境です。

  • 住民税非課税世帯又は生活保護世帯の人であって、私立の大学等へ進学(進級)して自宅外から通学する人
  • 社会的養護を必要とする人(児童養護施設等に入所していた人等)

 

 

かなり厳しいですね。国からの援助なしでは生活ができないレベルの家庭環境が条件になります。

生活保護受けてる世帯はさらに自宅外通学が条件になっていますね。

児童養護施設に入ってたって人生ハードモードすぎやしないか・・・?

 

では学習状況はどの程度頑張ればいいのか?

  • 住民税非課税世帯又は生活保護世帯の人については、高等学校等在学時に各高等学校等の教育目標に照らして十分に満足できる高い学習成績(「調査書」の学習成績概評が「A」であること)を収めていること
  • 社会的養護を必要とする人については、特定の分野において特に優れた資質能力を有し、又は進学(進級)後における学修に意欲があり、進学(進級)後に特に優れた学習成績を収める見込みがあること

 

 

生活保護が必要な家庭ではとにかく成績優秀であること。

児童養護施設出身はなんらかの分野のエキスパートであること。

これが条件ですね。

 

まとめると

 

 

これが「給付型奨学金」を受ける条件ですね。

ではその給付額は一体いくらなのか?

なんとその額は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月2万~4万円!

 

4年生の大学に毎月4万円振り込まれるとしたら、

12×4×4=192万になります。

学費として考えたら非常に助かる額ですね。

「給付型」なので返済の必要もないですし。

 

 

 

まとめ

条件を満たせるのに利用しないのは非常にもったいない。

才能ある人間、努力している人間が報われるシステムなので、ぜひ活用してほしいですね。

 

ちなみに私も奨学金を利用していたため、絶賛返済中です。

きびしぃ~(笑)

 

 

広告を非表示にする