トレンド取らんと

トレンド取らんと

トレンドネタを取り入れるブログです!リンクフリーです!

タイガーウッズが飲酒運転で逮捕?!しかしその真実はあまりにも違った!

先日、タイガーウッズが逮捕されたことで話題になっていましたね。

f:id:netajin:20170601022323j:plain

 

 

薬物使用か飲酒した後に車を運転した疑いで逮捕されたタイガー・ウッズ(41)。保釈後の声明で「アルコールは関係ない。処方された薬剤で予期せぬ反応が出た」と説明した。 

 

タイガーウッズは現在重度の腰痛に悩まされており、日々リハビリを続けている毎日。

その処方箋の薬剤による反応で、決してアルコールを飲んではいない、と説明。

 

そして逮捕直後の写真がこれである。

f:id:netajin:20170601021659j:plain

 

 

まるで別人。目の焦点も定まっていない。

すでに釈放されているが、逮捕報道とこの写真からイメージダウンは避けられない。ゴルフ界のスーパースターの落ちぶれぶりを表す写真になってしまった。

 

釈放後のウッズのコメントがこちら。

「自らの行った事の重大性は理解していて、全面的な責任を負う。今回の逮捕は飲酒によるものではなく、処方された薬に予期しない強い反応が出てしまった事をみんなに知ってほしい」 

 

しかし、調べてみると「これウッズ仕方ないのでは?」と思える。

こちらが警察の調べの全容だ。

初報ではアルコール検査を拒否せず、ちゃんと検査を受けアルコールは検出されていなかったことが分かった。

逮捕時は、単に運転席で熟睡しているだけであった。

ウッズ選手は警察官に起こされるまで熟睡しており、「話すのが非常に遅く、不明瞭だった」という。

自分がどこにいるか分からないほどで、片足立ちや往復歩行テストに不合格だったことから「飲酒、または薬物使用での運転」というあいまいな逮捕要件となった。

ウッズ選手は「飲酒運転や薬物使用によるものではなく、手術後に処方されることが多い強力な鎮痛剤バイコディン(Vicodin)を含む4種類の処方薬の副作用である」と弁解した。

彼は4回にわたって腰の手術を余儀なくされ、最も直近では先月末にも受けたばかりだったのだった。

 

 

ウッズは警察の調べにも協力的で、アルコールが検出されていなかったにもかかわらず、薬の影響で酔ってるように見えたという理由で逮捕されたのだ。

これはさすがにウッズがかわいそう・・・。

偏向報道である。

怪我を治すために服薬していた薬の副作用が巡り巡って「飲酒運転の逮捕」になってしまった。

 

マスメディアはどこの国も案外偏った報道をするものなのかな・・・。

 

 

タイガー・ウッズのスーパーキャディが明かすゾーンメンタルトレーニング―潜在能力を極限まで引き出す「心」のつくり方

タイガー・ウッズのスーパーキャディが明かすゾーンメンタルトレーニング―潜在能力を極限まで引き出す「心」のつくり方

 

 

広告を非表示にする