トレンド取らんと

トレンド取らんと

トレンドネタを取り入れるブログです!リンクフリーです!

女子ゴルフの先駆けとなった宮里藍が引退表明!理由はモチベーションの低下か?「パターがイップスに」

女子ゴルフと言えば必ず思い浮かぶ選手、宮里藍選手。

f:id:netajin:20170529184227j:plain

 

 

彼女は今季限りで引退することを発表しました。

 

「まだシーズンが残っているので、まだ終わりという気持ちではない。モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手。難しくなったのは4、5年前。メンタルコーチから『もうちょっとがんばっていいんじゃない』といわれたが、戻ってこないことには自分と向き合えない。望んでいる形ではなかった。求めている理想の姿はなかった」

f:id:netajin:20170529184306j:plain

 

4,5年前ということは26~27歳の時には引退が頭にあったようですね。

具体的にモチベーションの低下につながった理由に「パターがイップスになった」という理由が。

12年の全てのメジャーを終えた時でした。

メンタルコーチと、初めて話したのは、その後のカナダでの試合でした。

そこで初めて、自分の中で次、何を目標にしたらいいか話をした記憶がある。メンタルコーチは「焦らなくてもいい。どの選手にも1度はある。模索してもいい」とアドバイスを頂いた。

どうしていきたいか探す最中に、パターがイップスになってしまった。パターが得意だったので、どうにか乗り越えて終わりたいと思っていました。

最終的に(全ての苦難が)優勝につながってくれればいいと思う。ゴルフは不思議なもので、調子がいいからといって結果が出るものではない。前回の中京では自分が思い描いていたものが出せた。

 

自分の得意だったものが上手くいかなくなったのがきっかけのようですね。

スポーツ選手の引退は

  • 選手としてのキャリアを全うした
  • 選手としてやっていくことが困難になった(怪我など)
  • 衰える前に辞める

といったように多岐に渡りますが、宮里藍選手は2つ目の理由に当てはまりそうですね。

 

史上初の高校生プロゴルファー。日本人女性初の世界ランキング1位と女子プロゴルフ界全体としても与えてきた影響は非常に大きいもの。

 

今回のメジャー挑戦は引退を決意したことで自らを追い込んだ背水の陣。

有終の美を飾る活躍を期待しています。

 

 

 

 

広告を非表示にする