トレンド取らんと

トレンド取らんと

トレンドネタを取り入れるブログです!リンクフリーです!

寝ても寝ても眠い。もしかしたら病気?「ナルコレプシー」の症状とセルフチェック。

「昨日はしっかり寝たのに日中眠い」「いくら寝ても眠い」「なんせ眠い」

f:id:netajin:20170516193900j:plain

 

上記に心当たりがある方、もしかしたら病気かも?

通称居眠り病と呼ばれる「ナルコレプシー」という病気はご存知でしょうか。

 

 

 

ナルコレプシー

ナルコレプシーは過眠症に分類される疾患で、日中に耐えがたいほどの強い眠気が生じます。

頻度の多い疾患ではなく世界的に見れば有病率は2000人に1人と言われていますが、日本人に多い事が知られており、日本人では600人に1人に発症すると報告されています。

過眠症は睡眠障害(睡眠に異常をきたす疾患)ですが、睡眠障害は「不眠症」が有名で「過眠症」はあまり世間的には知られていません。

睡眠障害と言えば「不眠症」が思い浮かぶかと思いますが、その逆に「過眠症」もあるのです。

 

ナルコレプシーの症状は

  1. 日中の強い眠気・居眠り・睡眠発作    
  2. 情動脱力発作    
  3. 睡眠麻痺(金縛り)・入眠時幻覚

上記の4つはナルコレプシーの4代症状と呼ばれるものです。

順番に解説していきます。

 

1.日中の強い眠気・居眠り・睡眠発作

日中であるにもかかわらず強い眠気が襲い、ひどい場合はそのまま眠ってしまう状態。

昼食を食べた後にすごく眠くなる、あれのひどいバージョンです。

重症の場合は「会話中に眠る」「食事中に眠る」といった普段ありえない状況でも眠ってしまいます。

まるで発作のように眠ることから睡眠発作とも呼ばれる症状です。

f:id:netajin:20170516193936j:plain

 

 

 

 

2.情動脱力発作

情動は強い感情のことで、「笑う」「泣く」「怒る」といった強い感情が生じると、体の力が抜けてしまう症状です。

これはナルコレプシーの症状の大きな特徴で、全身の力が抜けてしまう場合もあれば、体の一部の力が抜けてバランスを崩してしまうといった症状に違いがあります。

 

 

3.睡眠麻痺(金縛り)・入眠時幻覚

目が覚めたときに体が動かなくなる症状です。

ひどい場合は幻覚が見えるときもあり、ナルコレプシーの幻覚は妙に生々しく実態的な幻覚であると経験者は語ります。

金縛りの状態で生々しい幻覚を見るわけなので、非常に恐怖や不安を感じます。

 

 

 

 

ナルコレプシーの症状として多いのが1と2で、心当たりのある方はナルコレプシーの可能性を疑ったほうが良いでしょう。

ナルコレプシーの治療には専門医が存在しますので、なるべく専門医の方に診てもらうようにしましょう。

他には精神科、神経内科心療内科も選択肢として入ります。

 

 

 

 

ナルコレプシー簡易セルフチェック

ナルコレプシーの怖いところは症状があっても「今日は疲れてるんだな」「気が緩んだだけだ」というように、ナルコレプシーを疑うまでにたどり着きにくいことです。

そこで簡単なセルフチェックをすることで、自分がナルコレプシーの可能性があるかどうかを調べることができます。

 

  • 座って本を読んでいるとき、居眠りをすることは
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • テレビを見ているとき、居眠りをすることは
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • 人の大勢いる場所でじっと座っているとき(会議や映画館など)、居眠りをすることは 
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • 他の人が運転する車に乗せてもらっていて、1時間くらい休憩なしでずっと乗っているとき、居眠りをすることは 
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • 午後じっと横になって休んでいるとき、居眠りをすることは 
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • 座って人とおしゃべりしているとき、居眠りをすることは
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • お昼ご飯のあとに静かに座っているとき、居眠りをすることは
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも: 3
  • 自分が車を運転していて、数分間信号待ちをしているとき、居眠りをすることは
    絶対にない: 0  時々ある: 1  よくある: 2  大体いつも:3 
以上のセルフチェックで合計点が11点以上の場合はナルコプレシーの可能性があります。
 

あくまで簡単なセルフチェックなので、思うところがあれば専門医に診てもらうのが一番です。

睡眠発作といった症状が現れたら思わぬ怪我や事故につながる可能性があります。

そうなる前に必ず専門医に診てもらうことをオススメします。

 

広告を非表示にする