トレンド取らんと

トレンド取らんと

トレンドネタを取り入れるブログです!リンクフリーです!

和製メッシこと久保建英の凄さ。W杯、オリンピックに超期待!!

サッカーの話題が上がるとここ最近では必ずと言っていいほど取沙汰される久保建英選手。

 

f:id:netajin:20170507103118j:plain

 

彼は弱冠15歳ながらプロの選手として1流の選手たちに混じりプレーしています。

そんな彼の通名が「和製メッシ」。

あのメッシを形容するほどの実力者なのです。

まず経歴。かなりぶっ飛んでます。

 

経歴

地元・川崎市麻生区の少年サッカークラブ・FCパーシモンでサッカーを始め、2009年8月、小学2年生で参加したFCバルセロナキャンプでMVPに選ばれる。

2010年4月、FCバルセロナスクール選抜としてベルギーで開催されたソグデソ・ヨーロピアン・ルーサスカップに参加。

チームは3位に終わったが、通常は優勝チームから選出される大会MVPに輝いた。

帰国後、小学校3年生の時に川崎フロンターレの下部組織に入団。

2011年8月、FCバルセロナの下部組織カンテラ入団テストに合格し、10-11歳で構成されるアレビンCに入団した。

2012‐13年は30試合に出場し、74得点を挙げリーグ戦得点王になる。

2013‐14年は地中海カップU-12トーナメントで大会得点王とMVPになり、またリーグ、カタルーニャ杯などのトーナメント制覇に貢献した。

2014-15年はインファンティルA(13-14歳で構成)に所属。

しかしFCバルセロナの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により久保の公式戦出場停止処分が続き、2015年3月、日本に帰国してFC東京の下部組織に入団した。

2016年、中学3年ながらFC東京U-18に飛び級で昇格。日本クラブユースサッカー選手権では飛び級で出場し、大会史上初となる中学生ながら得点王(5得点)に輝いた。

9月、FC東京のトップチームに2種登録される。

同年11月5日に行われたJ3リーグ第28節AC長野パルセイロ戦に後半開始から出場し、Jリーグ史上最年少記録を塗り替えた。

 Wikipediaより引用

 

ご覧の通り最年少記録のオンパレード。

MVPを多数取得。中でも優勝チームではなかったのに、異例の選出というのが彼の突出した才能を表している。

FCバルセロナの下部組織カンテラでも30試合出場した中で74得点も叩き出しているのである。

1試合に必ず2点以上を叩き出し、ハットトリックを14回している計算になる。

 

彼が日本に帰国したのはバルセロナ側の契約ミスによるもの。

契約違反によってカンテラに居ることができなくなったため。

つまりバルセロナが手放したわけではないのである。

彼の成長次第では、日本人初のFCバルセロナ入団ということもあり得る。

すでにプロとして活躍している彼の今後はとにかく目が離せない。

特に2020年の東京オリンピックは間違いなく彼の大会になるのではないでしょうか。

2018年のW杯もサプライズ選出の可能性がある。

W杯時点で17歳、オリンピックでは19歳。

心身共に成長した彼の活躍を世界に見せる大一番。

とにかく期待しています。

 


久保建英J1のピッチで堂々デビュー【1stタッチ、FK、アディショナルタイム】

広告を非表示にする